アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にも

Pocket

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミがちらほら見られるようになってしまいました。元凶はあれしか考えられません。
太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。
靴をはけるまでに成長した子供と毎日のように一緒にお気に入りの公園に行ってました。子どもの身支度もするので、とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。後悔先に立たずですから。
キメが揃った美しい肌は女性は誰でも憧れますよね。キレイな肌でいつづけるためには、保湿を大事にしなければいけません。潤いがしっかりある肌はハリのある肌は多少のトラブルもすぐ直ります。
そして、保湿の為に意外と必要と言われているのが、UV対策です。
紫外線は乾燥させてしまいますので、適切に対策をたてることが大切です。秋冬になって乾燥が過酷なため、エイジングケアの化粧水にしました。
案の定年齢肌に特化した商品ですし、価格帯も高い分効きめを感じます。化粧水のみで肌がもっちりと潤うので、その後の乳液なども薄くのばすだけで好感です。
翌日の肌にハリが表れて、ファンデーションも美しくついて十分に感じるので、これからも使用します。
三十代以降の女の方を中心に悩むことの多いお肌の不調のひとつが、「肝斑」といわれる症状です。
左右の目の下の目尻から頬あたりにちょうどクマのような感じにできるシミのことです。
肝斑を引き起こす要因として、女性ホルモンが関わっているのではないかという説があって、肝臓に病変があるからといった理由ではないようです。トラネキサム酸がその治療に有効だとされており、CMをご覧になった方もいるかもしれませんが、大手化粧品メーカーや製薬会社から、内用薬として販売されています。
肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試したところで効果が期待できないのが実情です。
素肌の年齢は、いつまでも若く保ちたいものです。
肌年齢を進行させるのは、加齢による保湿機能の劣化を除けば、紫外線によるものがほとんどです。
しわが出ないようにするために、日焼け止めの利用が挙げられます。さらに日傘、帽子(バイザー)などを活用して通年にわたり防御しましょう。
また、うっかり日光に当たってしまったら、ほてりがなくなるまで水や濡れタオルなどでクールダウンさせてから保湿機能のある化粧水やジェルなどでお手入れし、シミやシワの元を作らないように心がけましょう。
トータルでアンチエイジングの効果が得られると思います。スキンケアで肝心なのは肌の保湿を念入りに行うことです。
肌が乾燥してくると肌がざらざらした感じになってきます。毛穴をきれいにするに洗顔がとても重要です。きめの細かいもこもこの泡を作り、ソフトに洗います。
もしくは、4から5日に一度、ピールオフをするとスキンのリペアを促進します。その後に潤いを与え、お肌をととのえ、お肌のキメを整えてください。
他人から見ても、肌が衰えてくる年齢ってありませんか。美容室に勤務する友人に言わせると「38歳がヤマ」なのだそうです。
いままでと同じような髪型や色が合わなくなってくるなど、本人にも自覚できる兆候はあるのだそうです。
妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、目の下に大クマが出たて口周りの下がりが目立ってくるころだと思うのです。
それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、たとえば若い頃なら肌が荒れても疲れていてもきちんとケアをして睡眠をとった翌朝には復活していたものです。
でもなぜだか急に、復活しなくなってくるのです。回復するスピードより劣化するほうが早くなるのではないかと思うことも増えています。
20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかもしれません。

コメントを残す